うなぎ

あつた蓬莱軒の絶品ひつまぶし(神宮店)【名古屋市熱田区】

名古屋に行ったら必ず食べたいあつた蓬莱軒のひつまぶしをご紹介します。

あつた蓬莱軒は明治6年(1873年)創業の超老舗で、ひつまぶし発祥のお店です。神宮店は本店から歩いて5分くらいのところにあり、熱田神宮の目の前です。

休日はいつも混んでいて2~3時間待ちは当たり前です。外で受付してもらうと「何時の予約になりますので、15分前の何時何分ごろ来て下さい」と教えてくれます。

並んで待つ必要がないので、熱田神宮にお参りに行ったり、栄の松坂屋に赤福と矢場とんを買いに行ったりもできます。

迷うこと無くひつまぶしを注文。

ちなみに、ひつまぶしの名前の由来は「大きなおひつで鰻とご飯をまぶす」から来ているそうで、昔は大きなおひつで細かく切った鰻とご飯を混ぜて一人づつ分けていたようです。それが一人分のおひつに分けて提供されるようになったのが今のひつまぶしの形だそうです。

では、おひつの蓋を開けてみます。

中にはご飯と鰻がぎっしり。こんがり焼き目がついて、鰻とタレの良い香りと美味しそうです。

おひつは栃の木をくり抜いて作っているそうです。おひつもいい色。

少しづつ茶碗によそって食べると、何回もたくさん食べられるような気がして、得した気分になります。

鰻は備長炭で焼いていて、蒸さずに焼き上げる関西風で、表面は香ばしくてカリカリ、中はフワフワの理想的な状態です。

最初はごはんと鰻をよそって、ミニミニうな丼で頂きまーす。

何杯かミニミニうな丼にして食べた後は、おひつのご飯と鰻を混ぜ混ぜして茶碗によそい、刻みねぎと海苔とわさびをのせて頂きます。

ねぎのしゃきしゃきした食感と、海苔の風味と、わさびの爽やかな辛味がなんともいえず、どんどん箸が進みます。

ここで一息、お吸い物。

丸いお麩と、あつた蓬莱軒の「蓬」の字が焼き印された湯葉。

最後は、鰻とご飯に刻みねぎと海苔とわさびをのせ、出汁をかけて頂きます。

すごく美味しいのですが、貧乏性でなんだかお茶漬けで終わるのがもったいない気がして、最後に2切れくらい鰻と少しご飯を残しておいて、一口うな丼でしめます。

あつた蓬莱軒さんは東海道中膝栗毛にも登場するそうで、鰻の蒲焼きと共に、鶏(かしわ)が有名だったそうです。

今でも鶏のメニューがあり、唐揚げ好きの2歳の息子のために鶏の唐揚げを頼んだら、こんな立派なヒトサラが来ました!

いつもの唐揚げと違う見た目にびっくりしてか、息子は一口も食べなかったため、親が美味しく頂きました。

ご飯の後は甘いもの。

ということで、亀屋芳広さんとの共同開発のプリン。

別容器のカラメルをかけて頂きます。

ん!和風な味わい。

ずっしりなめらかな舌触り(とろ~りではありません)でおすすめです。

おまけ

神宮店は熱田神宮の目と鼻の先のため、ちょっと時間があればすぐ参拝できます。

木製の大きな鳥居をくぐると、幅の広い参道が続いています。

ひつまぶしを頂く前に心が落ち着きます。

店名 あつた蓬莱軒 神宮店
ジャンル ひつまぶし
住所 〒456-0031 愛知県名古屋市熱田区神宮2丁目10−26

【うなぎ水門(長野県岡谷市)】諏訪湖で食べる関西風の絶品鰻

うなぎ水門(岡谷市)のうな重特上

今回は蒸さずに焼き上げる関西風の「うなぎ水門(長野県岡谷市)」をご紹介します。


今のところ関西風の焼き方の鰻屋では「うなぎ水門」がベストです。

うなぎ水門(岡谷市)の入り口

水門を紹介してくださったのは蒔絵教室の先生で蒔絵師の松田祥幹先生です。

東京に住んでいた時も数ヵ月おきのペースで、片道3時間半~4時間かけ、時には泊まりがけで2日連続で水門に鰻を食べに行ったりしていました。

初回は感動して、2回目は初回に味わった感動と期待を上回らないことが多い中、水門は何回食べても初めて食べたかのような感動を味わうことのできるお店です。


人気店のため、開店時間前に並ぶか、4名以上で予約可能ですので4名以上の場合は予約すると良いかとおもいます。

うなぎ水門(岡谷市)のうな重特上

うな重特上(うなぎ4枚)です。

2段のお重を開けると上の段は鰻2枚、下の段はご飯の上に鰻が2枚です。

てりてり!

鰻のさばき方は関東風の背開き(切腹を暗示する腹開きを武士が嫌ったため関東は背開き)で、焼き方は蒸さずに焼き上げる関西風です。

香ばしい良い香りがします。

うなぎ水門(岡谷市)のうな重特上の蒲焼き

初めて水門に行ってお重の蓋を開けたときは、失礼ながら結構おおざっぱに見えて、本当に美味しいのだろうかと思ったのを覚えています。

しっぽの部分が焦げているように見え、先に食べてしまおうと一口食べた瞬間、衝撃が走りました。

こんなに香ばしくて美味しい鰻のしっぽを食べたのは初めてで、2回目からはしっぽは最後のお楽しみとなっています。

しっぽだけでなく、どこを食べても皮面はカリカリで香ばしく、中のジューシーさとの対比がたまりません。

うなぎ水門(岡谷市)のうな重の鰻の断面

とても肉厚な鰻。歯応えも楽しめる蒲焼きです。

蒸していないから油が落ちていないのか、中がとてもジューシーです。

 

店の外に排出される鰻を焼く煙がたまらなく良い香りで、換気扇前に車を停めて、帰りのサービスエリアで微かに残る鰻の煙の香りを楽しんでいます。

ちなみに長野県岡谷市は「信州 うなぎのまち岡谷」として、パンフレットやゆるキャラもうなぎで、市をあげて鰻をPRしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【日本養殖新聞】さん(@nys1969)がシェアした投稿

「信州 うなぎのまち岡谷」のPRサイト
http://www.kanko-okaya.jp/eat/unagi/

うなぎのまち岡谷のPRサイトによると、かつて諏訪湖でうなぎが採れたことから、湖周辺にうなぎのお店が多いのだそうです。

 

また水門に行ける日を楽しみにしています。