2019年 9月 の投稿一覧

castelmerlino(カステルメルリーノ)のハイ&ローキャンパーテーブルはダイニングテーブルにも良いよ

castelmerlino(カステルメルリーノ)のハイ&ローキャンパーテーブル

ダイニングテーブルとしてカステルメルリーノのハイ&ローキャンパーテーブルを買いました。

息子がもうすぐ2歳になり、あと何年かしたらキャンプに行けるかなぁと思い、アウトドアにも使えるテーブルを探していましたので、候補に挙がったテーブルも含めてご紹介します。
続きを読む

マテリエル(ma∴tēriel)の和栗のモンブラン[板橋区大山]

いままで食べたモンブランで一番美味しい、東京都板橋区大山のマテリエル(materiel)の「和栗のモンブラン」。

多くの人で賑わうアーケード街のハッピーロード大山から一本入った裏通り、川越街道から少し入ったところにあるおしゃれな店構えのお店です。

人気のモンブランは売り切れになってしまうこともあります。店内とテラス席が数席あり、コーヒーと共に頂くこともできます。

マテリエルのモンブランは縦長なフォルムが特徴的で、栗の風味と様々な食感を楽しめます。

上には生クリームに、崩したようなメレンゲが2つのっています。

まずはメレンゲと生クリームと栗のクリームをフォークですくいます。

メレンゲの香ばしくほどよい甘さと、生クリームのまろやかな甘さと、栗のクリームの濃厚な栗の香り。そして、メレンゲのサクサクな食感とクリームの滑らかな食感とずっしりとした栗のクリームの食感を楽しめます。

中は生クリームがぎっしり。栗のクリームと一緒に食べると、食感と甘みの違いが程よく混ざり合います。

途中で上についたメレンゲをかじりながら、生クリーム→栗クリーム→生クリーム・・・というふうに口に含み、コーヒーを飲むと、なんとも言えない幸せな気分になります。

生クリームを食べ進めていくと、栗のグラッセが出てきます。モンブランケーキの上に栗がのっているのは見たことがありますが、中から栗が出てくるのはあまりお目にかかったことがありません。

一口で食べてはもったいないと、栗を割って食べます。生クリームと栗のクリームとマロングラッセを一緒に頂くと、生クリームと栗のクリームを一緒に食べたときとは違った風味と食感が口に広がります。

マロングラッセの下にはペーストのような栗のクリームが。周りの栗のクリームよりも、甘みがつよいです。

モンブランの土台はタルト生地のことが多いですが、マテリエルはサクサクのメレンゲの土台。

ほんのり香ばしい生地で、甘い栗のペーストに合います。

縦にフォークを入れると、より一層いろいろな風味と食感を一度に楽しめます。

マテリエル(ma∴tēriel)のお店の概要

[お店概要]
店名: マテリエル(ma∴tēriel)
ジャンル: ケーキ
所在地: 〒173-0023 東京都板橋区大山町21−6

【富士宮やきそば】うるおいていのうるおい焼そば

静岡県に住んでいながら、富士宮で富士宮やきそばを食べたことがないというのも静岡県民甲斐がないので、行列店の「うるおいてい」に富士宮やきそばを食べに行きました。

目の前で焼いてくれる焼きそばとお好み焼きはとても美味しかったです。

続きを読む