「おくにらーめん」(静岡葵区)の「おくにらーめん塩」はとてもまろやかで奥深く優しい味

静岡市葵区おくにらーめん塩

こんにちは。@yuyakanoです。

世の中にはたくさんの美味しいものがあります。中でも静岡で1,000円以内で食べられる至福のグルメをご紹介。

今回は静岡市葵区新富町の「おくにらーめん」をご紹介します。

静岡市で人気の「ABE’s(アベズ)」や「伊駄天」で修行されたこともある方のお店とのことで、とても楽しみにして行ってきました。

おくにらーめんに入店!

ABE’sで修行された方のお店は東京板橋の「麺屋はちどり」にもお邪魔して、とても美味しく、おくにらーめんも期待が膨らみます。

おくにらーめんは、もともと「北の麺蔵」というラーメン屋であった跡地にあります。よい意味でラーメン屋らしくない清潔感のあるシンプルな看板が目印です。

静岡市葵区おくにらーめん看板

静岡駅からは距離がありますので、自動車で行くことになるかと思いますので、注意して看板を探してください。駐車場は店の前と、道路を挟んで向かい側にもあります。

静岡市葵区おくにらーめん入り口

店構えもすっきりとした外観で、おしゃれなバーのようです。1歳半の息子連れで行きましたが、ベルト付きのベビーチェアも貸していただけ、子連れにも優しいお店です。

初めていくお店は左上に書かれているメニューを選んでおりますので、おすすめの「おくにらーめん塩」を注文しました。あとギョーザ(無臭ニンニク使用)。

おくにらーめんのメニュー

食券を買ってギョーザとラーメンを待つ間、メニューを覗いてみます。

静岡市葵区おくにらーめんのメニュー挨拶

「自然素材をベースとしたコク深い味。」ヘルシーで、健康的。

「ヒラマサの稚魚ひらご」「片口にぼし」「国内産の丸鶏」地元の魚介に、無農薬野菜(←最近特に興味があります)。丸鶏に鯛。

とのことでワクワクが止まりません!

静岡市葵区おくにらーめん店名紹介

そしてもう一つ気になっていた、店名の由来。

「おくに」とは店主の方が尊敬する、ひいおばあさんのお名前とのこと。優しい味のラーメンなんだろうなーと想像できます。

わくわく。

おくにらーめん塩をいただきます

いよいよ来ました!

静岡市葵区おくにらーめん塩

見るからに美味しそうな見た目!

鶏チャーシュー・豚チャーシュー・メンマ・煮玉子・海苔とシンプルで理想的な組み合わせ!

スープをいただきます。

・・・

おいしい!

コクがあって奥深くて丸みがあってやさしい味。

「丸鷄と魚介の深みのあるトリプルスープ」と説明にあるように、あっさりした細麺ともよくあうスープ。

薄味のさっぱりとした鶏チャーシュー、ほろほろとくずれる濃厚豚チャーシュー、たまに麺に絡みつくねぎ、やわらかメンマ、とろとろの煮玉子に、箸休めの海苔。

過不足ない完成された一杯でした!

妻は煮干しラーメンをいただきました

ちなみに妻は、煮干しラーメン(醤油)でした。煮干しラーメンは香りとえぐ味が苦手で、特濃系煮干しラーメンのつくばの「煮干中華ソバ イチカワ」や東京板橋の「中華ソバ  伊吹」を除いては、あまり得意なジャンルではありませんでした。

しかし、おくにらーめんの煮干しはえぐ味がなく、「丸い」というか、優しいというか、完成されたスープを飲んでいるかのようでした。

おくにらーめんのその他のラーメン

おくにらーめん 丸鷄 塩

おくにらーめん 丸鷄 塩

おくにらーめん 丸鷄 醤油

おくにらーめん 丸鷄 醤油

おくにらーめん、また来ます!

次回もやはり、トリプルスープのおくに/らーめん塩を頂きたいなあと思います。

ごちそうさまでした。

おくにらーめんのお店の概要

[お店概要]
店名: おくにらーめん
ジャンル: ラーメン
所在地: 〒420-0061 静岡県静岡市葵区新富町6丁目1
URL:  https://okuniramen.wixsite.com/hello

こちらの記事もおすすめ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*