レモチェアでスナックトレイを使うにはハーネス付きベビーセットが必須

レモチェアでスナックトレイをセットして座らせてみると

こんにちは。@yuyakano_styleです。

レモチェアウッドを赤ちゃん用に使う場合、ハーネス付きベビーセットは必須でした。

ハーネス付きベビーセットは1万円以上、スナックトレイは5,000円位と、なかなかなお値段です。

安価なもので代用できないかなと思い1,500円くらいのチェアベルトを買ってみましたが、結局ハーネス付きベビーセットを買う必要がありましたので、レモチェアを検討の方はお気をつけ下さい。

なお、レモチェアウッド本体のレビューはこちらをご覧ください。

それではレモ ハーネス付きベビーセットとスナックトレイについてご紹介していきます。

レモ ハーネス付きベビーセット

息子が離乳食を始めたタイミングで、机付きのベビーチェアが必要になりました。レモチェアはスナックトレイとチェアベルトはオプションで、合わせて1万5千円。なかなか高いなあと。(本体は2万7千円です。) 

レモ ハーネス付きベビーセット

特にこの「レモ ハーネス付きベビーセット」は1万円以上します。なかなか高い!

ベルトは肩に掛けるタイプで、しっかりと体を固定できるところがよいです。

画像元:サイベックス

スナックトレイを使うにはレモ ハーネス付きベビーセットが必要ですので、テーブルチェアとして使用したい場合は、両方購入して下さい。

レモ スナックトレイ

レモチェアウッド専用のトレイ(テーブル)もオプション品です。

レモ スナックトレイ

レモ スナックトレイは、PP(ポリプロピレン樹脂)製で¥4,800。プラスチックなのになかなか高い!と思いましたが、

レモ スナックトレイの裏側

裏を見ると変形に強そうです。かなりしっかりとしています。

スナックトレイをレモ ハーネス付きベビーセットにセット

スナックトレイをハーネス付きベビーセットに取り付けるときに、上の写真の丸の部分にはめます。

スナックトレイを本体に取り付けるわけではなく、ベビーセットに取り付けるため、 スナックトレイを使うにはハーネス付きベビーセットも必須になります。

レモ コンフォートインレイは必要?

うちは息子が11ヶ月くらいのときにレモチェアを買いました。食事のときに数十分座っているくらいで長時間座わるわけでなく、ハーネス付きベビーセットだけでもおとなしく座っているので、コンフォートインレイは買いませんでした。

今のところはハーネス付きベビーセットのみで使っています。

レモチェアでスナックトレイをセット

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*